検索タグ: ことわざ・四字熟語
この問題で早押し練習double_arrow
Question Answer
1 大きな事業は長年の努力なしでは完成しないということを,イタリアの首都を使ったことわざで何というでしょう? ことわざ・四字熟語 ローマは一日にして成らず
2 元々は医療技術の高さを形容する言葉として用いられていた、どうすることもできない危機的状況を一気に好転させるという意味の四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 語源・由来 起死回生 ( きしかいせい )
3 ことわざで、優れた素質や才能がある者はどこにいても目立つということを、2種類の宝石の名前を用いて何というでしょう? ことわざ・四字熟語 瑠璃も玻璃も照らせば光る ( るりもはりもてらせばひかる )
4 音信や往来、交際が途絶えてしまう事を、ある動物が前を横切ると交わりが絶えるという俗信から、何の道切りという? ことわざ・四字熟語 イタチの道切り
5 無駄な努力をしてしまうことを、ギリシャ神話のある登場人物の名から「何の岩」という? 語源・由来 宗教 ことわざ・四字熟語 シシュフォスの岩
6 孟母三遷の教えで、孟子の母親が最後に引越しをしたのはどこの近く? 教育 ことわざ・四字熟語 学校
7 ことわざで、ひどくケチな人が「火をともす」体の部分はどこでしょう? ことわざ・四字熟語
8 四字熟語で愚かな親から優れた子供が生まれることを、2種類の鳥を表す漢字を使って何というでしょう? ことわざ・四字熟語 鴉巣生鳳 ( あそうせいほう )
9 ことわざで、百里を行く者が半ばとするのは何里の地点? ことわざ・四字熟語 九十里
10 慣用句で、酔っぱらうなどして訳のわからないことを言うことを「何を巻く」というでしょう? ことわざ・四字熟語 管を巻く
11 主人が好むものなら、どんなものでも家族は従うべきだというたとえ、「亭主の好きな何」という? ことわざ・四字熟語 赤烏帽子
12 決心する時は「固め」、後悔する時は「噛む」、体の部位はどこでしょう? ことわざ・四字熟語 ほぞ
13 別れた男と女が何かの拍子でまた付き合い始めることを、「何に火がつく」という? ことわざ・四字熟語 焼けぼっくい
14 中国の武将・恒温(かんおん)が幼いころ交友のあった殷浩(いんこう)のことを言ったのが最初である、幼いころからの友人のことをある遊び道具を使って何というでしょう? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 竹馬の友
15 「海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になる」という言い伝えから、世の中を知り尽くし、賢さがはたらく人を指す四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 語源・由来 海千山千【海千河千】 ( うみせんやません )
16 どうやってみても、絶対に実現できるはずのないことを「何で石垣を築く」という? ことわざ・四字熟語 蒟蒻で石垣を築く ( こんにゃくでいしがきをきずく )
17 他人の誤った言動でも自分の知恵や徳を磨く助けとすることができることを、「他山の何 」というでしょう? ことわざ・四字熟語 他山の石(以て玉を攻むべし)
18 美しい人を指す明眸皓歯と眉目秀麗、普通女性に対しては使わないのはどっち? 択一 ことわざ・四字熟語 眉目秀麗
19 自然の微妙な調べのことを、陶淵明が弦のない琴を愛用したという故事成語にちなんでなんというでしょう? ことわざ・四字熟語 無弦の琴
20 ゲーム「ポケットモンスター」シリーズでは「ヒヒダルマ(ガラルのすがた)」が同じ名前の特性を持っており、迷って方針や見込みなどの立たないことを指す四字熟語は何でしょう。 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 アニメ・ゲーム 五里霧中 ( ごりむちゅう )
21 思いもよらなかったものに自分の大事なものを奪われることをたとえて、「とんびに何をさらわれる」というでしょう? ことわざ・四字熟語 油揚げ
22 道があまりに分かれていて、逃げた羊を見失ってしまうという故事から、方針が色々ありすぎて迷うことを四字熟語で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 多岐亡羊 ( たきぼうよう )
23 「人を呪わば穴二つ」の穴とは何のことでしょう? ことわざ・四字熟語 墓穴 ( ぼけつ )
24 死後に極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれることから転じて、最後まで行動や運命を共にすることを表す四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 一蓮托生 ( いちれんたくしょう )
25 仙姿玉質、沈魚落雁、羞花閉月、明眸皓歯といえば、いずれもどんな人を形容する四字熟語でしょう? ことわざ・四字熟語 美人
26 「アダムが耕しイヴが紡いだとき、誰が貴族であったか」という言葉で知られる、14世紀末のイギリスでワットタイラーの乱を思想的に指導した人物は誰でしょう? 世界史 イギリス 中世ヨーロッパ ことわざ・四字熟語 ジョン・ボール
27 「失敗した者はそのことについて語る資格がない」ということを、「敗軍の将、何を語らず」というでしょう? ことわざ・四字熟語
28 天気に関する言い伝えで、俗に「低く飛ぶと雨」といわれる鳥は何? 地学 ことわざ・四字熟語 生物 つばめ
29 どれも優れていて選び出すのが難しいことを、「いずれ菖蒲(あやめ)か何」という? ことわざ・四字熟語 かきつばた
30 ことわざで、自分の得意分野で実力を発揮することや、物事がとんとん拍子に進むことを、ある動物を用いて「何の登り坂」というでしょう? ことわざ・四字熟語 兎の登り坂 ( うさぎののぼりざか )
31 「世の中を治め、民を救う」という意味がある、「経済」という言葉の元になった四字熟語は何? ことわざ・四字熟語 経済 経世済民(経国済民)
32 「背水の陣」「国士無双」などの言葉の由来となった漢の武将は誰でしょう? ことわざ・四字熟語 韓信
33 勝ち目がないことを認め,降参することを,犬の行動に由来する表現で何というでしょう? 語源・由来 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 尻尾を巻く ( しっぽをまく )
34 「弘法も筆の誤り」ということわざを英語でいったときに登場する、ギリシアの詩人は誰でしょう? 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 ホメロス
35 国会が終わると地元選挙区を回り、国会が始まる日に再び東京へ戻るという国会議員の行動パターンを、移動する2つの曜日を用いて何という? 経済 ことわざ・四字熟語 金帰火来 ( きんきからい )
36 何度も転んだり倒れたりしてもがき苦しむことを、漢数字を2つ使った四字熟語で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 七転八倒
37 「一難去ってまた一難」と同じ意味のことわざ、「前門の虎、後門の何」? ことわざ・四字熟語
38 「弘法も筆の誤り」と同じ意味で使われることわざで、居眠りするといわれている人物は? 言語 ことわざ・四字熟語 ホメロス
39 囲碁から出た言葉で、当事者よりも第三者のほうが物事がよく見えるという意味の四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 アナログゲーム 傍目八目 ( おかめはちもく )
40 故事「元の木阿弥」の木阿弥は、誰の死を隠すために影武者として生活をしていたでしょう? 日本史 ことわざ・四字熟語 語源・由来 筒井順昭 ( つついじゅんしょう )
41 ことわざで、何をするにも生きていなければ始まらないということを「命あっての何」というでしょう? ことわざ・四字熟語 物種 ( ものだね )
42 宋の詩人蘇軾の『前赤壁の賦』が出典とされる、世の憂を忘れて楽しい気持ちになる状態や、酒に酔って陶然としているさまを例える四字熟語で、人間に羽が生えて仙人となり天に登る様子を示しているのは何でしょう? ことわざ・四字熟語 羽化登仙
43 アメリカの心理学者ソーンダイクが体系づけた「trial and error」という心理学用語を和訳したものである、いろいろな試みを重ねながら解決の方法を見出そうとすることをいう四字熟語は何でしょう? 心理学 ことわざ・四字熟語 試行錯誤
44 少しの欠点を直そうとしたつもりが、かえって全体を駄目にしてしまうことを、「何を矯めて牛を殺す」という? ことわざ・四字熟語
45 自らの弱さをかえりみず強敵に挑むことを意味する「蟷螂の斧」の「蟷螂」とはどんな昆虫のことでしょう? ことわざ・四字熟語 カマキリ
46 知識はあるが行動が伴わない人のことを、ある書物の名前を2度使った言い方で「何読みの何知らず」というでしょう? ことわざ・四字熟語 論語読みの論語知らず
47 「風が吹けば桶屋が儲かる」の論法に登場する、人間以外の2種類の動物とは何と何でしょう? ことわざ・四字熟語 ネコとネズミ
48 力のない者が自分の力量もかえりみずに強敵に立ち向かうことを,ある魚を用いて「何の地団駄」というでしょう? 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 泥鰌 ( どじょう )
49 刑罰や規則が極めて厳しいことを意味する四字熟語で、検察官のバッジの別名にもなっているのは何でしょう? ことわざ・四字熟語 社会 秋霜烈日[しゅうそうれつじつ]
50 物事の一面だけを見て全体を見ないことをたとえて、「木を見て何を見ず」というでしょう? ことわざ・四字熟語 木を見て森を見ず