検索タグ: ことわざ・四字熟語
この問題で早押し練習double_arrow
Question Answer
1 他人のものは何でもよく見えることのたとえで、「赤い」のは「隣の花」ですが、「青く見える」のは「隣の何」でしょう? ことわざ・四字熟語 パラレル 芝(生)
2 その場に登場するときには「出し」、ひどく恥ずかしい思いをするときには「火が出る」体の部位はどこでしょう? ことわざ・四字熟語
3 決心する時は「固め」、後悔する時は「噛む」、体の部位はどこでしょう? ことわざ・四字熟語 ほぞ
4 中国の歴史書『史記』に由来する、「つまらない人間には、偉大な人間の考えや志は分からない」という意味の故事成語を、4つの鳥の名前を用いて何という? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや ( えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや )
5 人々が顔を突き合わせて熱心に相談することを,「鳩」という字を使った四字熟語で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 鳩首凝議 ( きゅうしゅぎょうぎ )
6 それまで誰も合格者が出なかった荊州で初めて科挙に合格したことから、今まで誰も成し得なかったことをすることを意味する「破天荒」の由来になった、中国・唐代の人物は誰でしょう? 語源・由来 世界史 ことわざ・四字熟語 劉蛻 ( りゅうぜい )
7 囲碁から出た言葉で、当事者よりも第三者のほうが物事がよく見えるという意味の四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 アナログゲーム 傍目八目 ( おかめはちもく )
8 寒い日と暖かい日が何日かずつ交互に訪れる気象現象を、数字を使った漢字4文字の言葉で何という? ことわざ・四字熟語 三寒四温
9 「弘法大師と一緒」という意味がある、四国八十八ヵ所巡りでお遍路さんの服に書かれている漢字四文字の言葉は何でしょう? 宗教 ことわざ・四字熟語 同行二人 ( どうぎょうににん )
10 武芸や工芸などの世界で、奥義をわが子一人だけに伝えて他には秘密にすることを四字熟語で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 一子相伝
11 自らの力量を知らずに威張ることを、中国の歴史書『史記』の中で漢の強大さを知らずに自らの勢力を誇ったある国から何というでしょう? ことわざ・四字熟語 夜郎自大
12 俗に「金のわらじを履いてでも探せ」といわれるのは、何歳年上の女房? ことわざ・四字熟語 生活 1歳
13 天気に関する言い伝えで、俗に「低く飛ぶと雨」といわれる鳥は何? 地学 ことわざ・四字熟語 生物 つばめ
14 死後に極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれることから転じて、最後まで行動や運命を共にすることを表す四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 一蓮托生 ( いちれんたくしょう )
15 中国の武将・恒温(かんおん)が幼いころ交友のあった殷浩(いんこう)のことを言ったのが最初である、幼いころからの友人のことをある遊び道具を使って何というでしょう? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 竹馬の友
16 国会が終わると地元選挙区を回り、国会が始まる日に再び東京へ戻るという国会議員の行動パターンを、移動する2つの曜日を用いて何という? 経済 ことわざ・四字熟語 金帰火来 ( きんきからい )
17 少しの欠点を直そうとしたつもりが、かえって全体を駄目にしてしまうことを、「何を矯めて牛を殺す」という? ことわざ・四字熟語
18 滅多に使わない奥の手を使うことを、家に代々伝わる刀を使うという意味から何という? ことわざ・四字熟語 伝家の宝刀
19 ことわざで「猫の首に鈴をつける」動物は何でしょう? ことわざ・四字熟語 ネズミ
20 ことわざで、商売は気長に続けるのが良いということを「商いは牛の何」というでしょう? ことわざ・四字熟語 商いは牛のよだれ
21 「猫に小判」と同じ意味のことわざ、「犬に・・」何でしょう? ことわざ・四字熟語 論語
22 「千里の馬は常にあれど、伯楽は常にあらず」この言葉が収められている「雑説」を書いた、唐宋八大家の一人は誰でしょう? ことわざ・四字熟語 韓愈
23 ファイナルファンタジーⅦではクラウドが、ポケットモンスターではレックウザが使う技の名前にもなっている四字熟語で「これを欠く」といったとき、物事をりっぱに完成させるための最後の仕上げを忘れることという意味になる言葉は何でしょう。 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 アニメ・ゲーム 画竜点睛 ( がりょうてんせい )
24 復縁を求める妻に対し「覆水盆に返らず」と言って断ったという、中国・周の人物は誰でしょう? ことわざ・四字熟語 太公望(呂尚)[たいこうぼう・りょしょう]
25 ことわざ「火中の栗を拾う」のもととなった寓話で、ずるい猿におだてられて焼けた栗を拾い、大やけどをした動物は何でしょう? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 ( ねこ )
26 わずかな前ぶれから後のことを予測するたとえ「一葉落ちて何の秋を知る」という? ことわざ・四字熟語 天下
27 四字熟語で愚かな親から優れた子供が生まれることを、2種類の鳥を表す漢字を使って何というでしょう? ことわざ・四字熟語 鴉巣生鳳 ( あそうせいほう )
28 空海が応天門の「応」の字を間違えて書いたことに由来する、「熟練者でも失敗はある」という意味のことわざは何でしょう? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 弘法にも筆の誤り
29 中国の兵法書『三略』に由来する、柔道の理想をいった言葉は「柔よく何を制す」? スポーツ ことわざ・四字熟語 語源・由来 ( ごう )
30 縁結びにちなむ2つの中国の故事を合成した言葉である、仲人の別名を四字熟語で何というでしょう? 別名・異名 ことわざ・四字熟語 月下氷人
31 同じ物事を話すにしても、言い方によっては円満におさまったり不快感を与えたりするということわざを、「何も切りようで四角」というでしょう? 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 丸い卵も切りようで四角
32 慣用句で貧しいながらもなんとか生計を立てて生活していくことを「何をしのぐ」というでしょう? ことわざ・四字熟語 慣用句 糊口をしのぐ
33 望みは大きくても、実際はほんのわずかしか叶わないということを、「棒ほど願って何ほど叶う」というでしょう? ことわざ・四字熟語 棒ほど願って針ほど叶う
34 山号を「定額山」という長野県のお寺で、ことわざでは「牛に引かれてお参りをする」と言われるのはどこでしょう? 宗教 ことわざ・四字熟語 善光寺 ( ぜんこうじ )
35 故事成語で、「管鮑(かんぽう)の交わり」の由来となったのは管仲(かんちゅう)と鮑叔牙(ほうしゅくが)ですが、「水魚の交わり」の由来となったのは誰と誰でしょう? ことわざ・四字熟語 劉備と諸葛亮
36 ことわざで、何をするにも生きていなければ始まらないということを「命あっての何」というでしょう? ことわざ・四字熟語 物種 ( ものだね )
37 自分自身の自慢をすることを、ある調味料の名前を使って漢字四字の言葉で何という? ことわざ・四字熟語 手前味噌
38 一つのことをして同時に複数の利益をあげるという意味がある、「鳥」という漢字を使った四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 一石二鳥 ( いっせきにちょう )
39 切り株にぶつかって死ぬウサギを待ち続ける農夫が国中の笑い者になったという中国の故事に由来する、いつまでも古い習慣にこだわって進歩がないことを意味する漢字2文字の言葉は何でしょう? 語源・由来 ことわざ・四字熟語 守株 ( しゅしゅ )
40 宋の詩人蘇軾の『前赤壁の賦』が出典とされる、世の憂を忘れて楽しい気持ちになる状態や、酒に酔って陶然としているさまを例える四字熟語で、人間に羽が生えて仙人となり天に登る様子を示しているのは何でしょう? ことわざ・四字熟語 羽化登仙
41 ことわざで、世の中には冷たい人ばかりでなく、困ったときに助けてくれる親切な人もいるということを「渡る世間に何はない」というでしょう? ことわざ・四字熟語 渡る世間に鬼はない
42 「弘法も筆の誤り」ということわざを英語でいったときに登場する、ギリシアの詩人は誰でしょう? 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 ホメロス
43 情け深い人でも無遠慮な仕打ちが重なればしまいには怒り出すということを、「何の顔も三度」というでしょう? ことわざ・四字熟語 仏の顔も三度
44 奥義や秘伝を、自分の子のうちただ一人だけに伝えるという意味の四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 一子相伝
45 道があまりに分かれていて、逃げた羊を見失ってしまうという故事から、方針が色々ありすぎて迷うことを四字熟語で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 多岐亡羊 ( たきぼうよう )
46 ことわざ「左ヒラメに右カレイ」、この左・右とは何の位置を表している? ことわざ・四字熟語 生物
47 互いに似ているものをたとえている四字熟語「已己巳己」。さて、何と読むでしょう? ことわざ・四字熟語 いこみき
48 元々は「土ほこりを巻き上げるほど勢いがある」様子をいった、一度敗れた者が再び盛り返して来るという意味の四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 捲土重来(けんどちょうらい・けんどじゅうらい)
49 ことわざで、大成する人は幼いときから優れているということを「何は双葉より芳し」というでしょう? ことわざ・四字熟語 栴檀は双葉より芳し
50 「弘法も筆の誤り」と同じ意味で使われることわざで、居眠りするといわれている人物は? 言語 ことわざ・四字熟語 ホメロス