検索タグ: ことわざ・四字熟語
この問題で早押し練習double_arrow
Question Answer
1 「この世に二つとないたった一つのもの」という意味の四字熟語を、漢数字を使って何というでしょう? ことわざ・四字熟語 唯一無二(唯一不二)
2 鳩山一郎や宇野宗佑が会見で使用して流行したこともある四字熟語と言えば、心にやましいところがなく澄みきっているさまを表す【 何 】でしょう。 ことわざ・四字熟語 政治 明鏡止水 ( めいきょうしすい )
3 天気に関する言い伝えで、俗に「低く飛ぶと雨」といわれる鳥は何? 地学 ことわざ・四字熟語 生物 つばめ
4 後世に「されど空の青さを知る」と付け足された、「自分の狭い知識や考えにとらわれて、広い世界があることに気づかない」という意味のことわざは何でしょう? ことわざ・四字熟語 井の中の蛙大海を知らず
5 孔子が晩年『易経』を好んで読み、綴じた革ひもが何回も切れたという故事に由来する、書物を何回も繰り返し読むことを指す四字熟語は何でしょう? ことわざ・四字熟語 韋編三絶
6 ことわざ「左ヒラメに右カレイ」、この左・右とは何の位置を表している? ことわざ・四字熟語 生物
7 「鶏口となるも牛後となるなかれ」と同じ意味をもつことわざで、「鯛の尾より何の頭(かしら)」というでしょう? ことわざ・四字熟語 ( いわし )
8 病気が日に日によくなっていくことを、「何をはぐよう」というでしょう? ことわざ・四字熟語 薄紙
9 ことわざで、自分の得意分野で実力を発揮することや、物事がとんとん拍子に進むことを、ある動物を用いて「何の登り坂」というでしょう? ことわざ・四字熟語 兎の登り坂 ( うさぎののぼりざか )
10 まったく融通のきかない物堅(ものがた)い人のことを、漢字の「石」と「金(きん)」を使った人名になぞらえて何というでしょう? ことわざ・四字熟語 石部金吉 ( いしべきんきち )
11 ことわざ「泣いて馬謖を斬る」、さて馬謖を斬った武将は誰でしょう? 世界史 ことわざ・四字熟語 諸葛孔明
12 刑罰や規則が極めて厳しいことを意味する四字熟語で、検察官のバッジの別名にもなっているのは何でしょう? ことわざ・四字熟語 社会 秋霜烈日[しゅうそうれつじつ]
13 自らの弱さをかえりみず強敵に挑むことを意味する「蟷螂の斧」の「蟷螂」とはどんな昆虫のことでしょう? ことわざ・四字熟語 カマキリ
14 極めて危険なことをたとえて、「何の尾を踏む」という? ことわざ・四字熟語
15 世の中で言いふらされている確証のない噂話のことを漢字4字で何というでしょう? ことわざ・四字熟語 流言飛語
16 「わずかな元手で大きな利益を得る」という意味のことわざで、海老で釣るのは鯛ですが、麦飯で釣るのは何? ことわざ・四字熟語
17 「灯台下暗し」と同じ意味の沖縄の諺で、「どこは見えるがまつげは見えない」という? ことわざ・四字熟語 言語 慶良間
18 「紺屋」という言葉を使ったことわざで、他人のためにばかり働いて自分のことに手が回らないことを「紺屋の白袴」といいますが、約束が当てにならないことを「紺屋の何」という? ことわざ・四字熟語 紺屋のあさって
19 「すもももももももものうち」と言いますが,スモモとモモは共に何科の植物でしょう? ことわざ・四字熟語 植物 バラ科
20 四字熟語で愚かな親から優れた子供が生まれることを、2種類の鳥を表す漢字を使って何というでしょう? ことわざ・四字熟語 鴉巣生鳳 ( あそうせいほう )
21 ことわざで、「三日飼えば三年恩を忘れず」「歩けば棒に当たる」といえば、共通して登場する動物は何でしょう? ことわざ・四字熟語
22 ぐっすり眠っていて何が起こったのか知らないことや、知ったかぶりのたとえに使われる漢字4文字の言葉は何でしょう? ことわざ・四字熟語 白河夜船
23 すばしこくて抜け目のない様子を、ある動物にたとえて「何の目を抜く」という? ことわざ・四字熟語 生き馬
24 孫子の兵法の一節で「はじめは処女の如く」に続く言葉は「終わりは何の如し」? ことわざ・四字熟語 脱兎 ( だっと )
25 アメリカの心理学者ソーンダイクが体系づけた「trial and error」という心理学用語を和訳したものである、いろいろな試みを重ねながら解決の方法を見出そうとすることをいう四字熟語は何でしょう? 心理学 ことわざ・四字熟語 試行錯誤
26 「茶」という言葉を使ったことわざで、適当にごまかしてその場を取り繕うことを「茶を濁す」といいますが、暇をもて余していることを何という? ことわざ・四字熟語 言語 茶を引く ( ちゃをひく )
27 中国、晋の潘岳が容姿が並外れて美しく洛陽の町を行くと、婦人たちが彼をとりまいて果物を投げ、そのために車が果物でいっぱいになった故事からできた、非常に人気があることのたとえを四字熟語でなんというか? ことわざ・四字熟語 擲果満車 ( てきかまんしゃ )
28 唐の代表的な詩人、王勃が著書『藤王閣序』のなかで、不遇な身ではあっても、いつかは高い位に出世しようとする自分の意志を述べた文に由来し、立身出世を目指す志のことをある色を使って何という? 詩歌 ことわざ・四字熟語 青雲の志
29 大きな事業は長年の努力なしでは完成しないということを,イタリアの首都を使ったことわざで何というでしょう? ことわざ・四字熟語 ローマは一日にして成らず
30 「れんげおうじょう」、「せいせいるてん」、「いちれんたくしょう」をそれぞれ漢字で記した時に共通して表れる漢字はなんでしょう? ことわざ・四字熟語
31 子供を思う気持ちから親は苦労の絶え間がない、ということを「子は三界の何」という? ことわざ・四字熟語 首枷 ( くびかせ )
32 相手に媚びて機嫌をとる人のことを、ある楽器の名前を使って何というでしょう? ことわざ・四字熟語 太鼓持ち(太鼓たたき)
33 夫婦仲がよいことを、ある鳥の名をとって「何の契り」という? ことわざ・四字熟語 言葉・表現 鴛鴦 ( えんおう )
34 『荘子』の「外物」に収められている寓話から生まれた言葉で、危機的状態が迫っていることを、わだちの水たまりのなかで泳いでいるフナに例えて何という? ことわざ・四字熟語 轍鮒の急 ( てっぷ きゅう )
35 座右の銘にしている人も多い七五調の表現で、「実るほど頭を垂れる」や「実るほど頭の下がる」と来れば、続きは【 何 】かな? ことわざ・四字熟語 稲穂(かな)
36 中国隋王朝の始祖、文帝楊堅の故事から、事を行う時に勢いづいて途中で止められないことの例えを、ある動物を使って「何の勢い」という? ことわざ・四字熟語 騎虎の勢い
37 俳句では夏の季語とされ、元々は漢方の用語であった言葉で、人一倍頑丈な人が珍しく病気にかかることの例えにも使われる言葉は何でしょう? ことわざ・四字熟語 霍乱
38 孟母三遷の教えで、孟子の母親が最後に引越しをしたのはどこの近く? 教育 ことわざ・四字熟語 学校
39 かつて日本に荘園制度があった頃、「泣く子と何には勝てない」といわれた? 日本史 ことわざ・四字熟語 地頭
40 いかなる行いにもそれなりの理由があるということを、俗に「盗人の何」という? ことわざ・四字熟語 昼寝
41 衣服を着たまま全身がずぶ濡れになることを、ある動物を用いて何というでしょう? 言葉・表現 ことわざ・四字熟語 濡れ鼠
42 「猫に小判」と同じ意味のことわざ、「犬に・・」何でしょう? ことわざ・四字熟語 論語
43 ことわざで、ひどくケチな人が「火をともす」体の部分はどこでしょう? ことわざ・四字熟語
44 主人が好むものなら、どんなものでも家族は従うべきだというたとえ、「亭主の好きな何」という? ことわざ・四字熟語 赤烏帽子
45 ことわざで、皇帝が一旦発した言葉は取り消したり訂正することができないということを「綸言何の如し」という? ことわざ・四字熟語 汗(綸言汗の如し)
46 「一将功成りて万骨枯る」という一文を読んだことでも知られる、70歳を超えて科挙に合格したものの数年後に死亡してしまった人物は誰でしょう? ことわざ・四字熟語 曹松
47 「農民が一定期間都市に移り住んで生活すれば、農奴から解放され自由民となる」という意味がある、ドイツ中世で生まれた格言は? 言語 世界史 ことわざ・四字熟語 都市の空気は自由にする
48 学術や工芸などの世界で、奥義をわが子一人だけに伝えて他には秘密にすることを四字熟語で何という? ことわざ・四字熟語 一子相伝
49 「人を呪わば穴二つ」の穴とは何のことでしょう? ことわざ・四字熟語 墓穴 ( ぼけつ )
50 思いもよらなかったものに自分の大事なものを奪われることをたとえて、「とんびに何をさらわれる」というでしょう? ことわざ・四字熟語 油揚げ